カラコンの安全な使い方

カラコンは眼病のリスクが高まる!?

カラコンは、非常に便利であり、今では多くの女性が使用しているのですが、正しい使用方法で使用しないと眼病にかかるリスクを高めてしまうことになります。 カラコンは、普通のコンタクトに比べると色素が入っているために、その分酸素を通しにくいと言われています。特に安いものですと、目が疲れやすくなるというのはここに理由があるのです。その状態で、使用を続けてしまうと、失明することも考えられるのです。 他に、期間を守って使用しなければ、細菌が繁殖してしまい、結膜炎や角膜炎になってしまうこともあります。こういった眼病を防ぐためにも、正しい管理方法でカラコンは使用しなければならないのです。特に、初めて使用する人は、よく注意を守って使用しなければなりませんよ。

カラコンを正しく使うには!

カラコンを正しく使用したいと思っている人は、まず洗浄をするとよいでしょう。一日しか使用することができないような、使い捨てカラコンでしたら特に心配はありませんが、二週間や一年など長期間使用することができるものですと、洗浄が必要になってきます。また、期間を守るということも眼病のリスクを低くする方法の一つです。ワンデーのモノを、洗浄して使おうとすると、目が非常に傷ついてしまうために、気をつけなければなりません。 洗浄方法は、薬局などに販売している洗浄液を使用すると良いです。消毒の作用も配合しているために、一度洗うだけでだいぶ違ってくるのです。洗浄したあとは、その洗浄液でカラコンを保存して、次に備えるだけの簡単な作業です。